燃料

燃料とは、人間に例えると食べ物に当たります。力を発生させるエネルギー源のうち、地球大気中に存在する酸素などの酸化剤との化学反応を利用して力を発生させる化学物質のことです。

昔は火を起こすために用いられていましたが、徐々に利用の幅を広げて現在では火を起こさない燃料もあります。自動車の場合は、タンクが車両後部にあることが多いようです。種類は以下の通りになります。

■内燃機関タイプ
・ガソリンエンジン
外車の一部向けのハイオクと通常車のレギュラーの2種類があります。原油を精製して作られた石油製品を使用しています。ガソリンエンジンの燃料供給方法には、キャブレターとインジェクションの2種類があり、インジェクションには、さらに機械式と電子式があります。

・ディーゼルエンジン ディーゼルエンジンは主に軽油を使用しますが、メタノール、ジメチルエーテルを使用するエンジンもあります。内燃機関の中ではもっとも熱効率に優れたエンジンのため、環境にやさしいエンジンだと言われています。

■外燃機関タイプ
燃料を機関本体の外部の燃焼室で燃焼させ、蒸気やガスなどを媒体として動力を得る機関のことです。主に石炭を使用しますが、改造なしで多様な燃料を使うことができます。

・燃料電池
水素を使用した次世代の発電システムです。地球環境にやさしいと言われ、研究開発が進んでいます。ボンベに圧縮充填されたものか水素吸蔵合金に吸着されたされたものを使用することが多いようです。電池には使い切りの一次電池と、 充電すると何回も使用することが出来る二次電池があります。

自動車の構造


アマリール
アマリールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

杉並渋谷中野目黒大田区新宿品川港区
http://shopping.geocities.jp/ai-na/