変速機

変速機というのは自動車で前進、後退、速度の調整を行う部分のことを言います。車の速さや回転数に応じて変速を自動的に切り替えることが出来ます。

車のスピードを変えるのに必要な箇所で、ギアの組み合わせを自分で選択するマニュアルトランスミッションと、停止から最高速まで自動で選ぶオートマチックトランスミッションの2つがあります。オートマチックトランスミッションは一般的にオートマ、ATなどと言われていて、クラッチを操作して手動で変速を行うマニュアルトランスミッションはマニュアル、MTと言われています。

オートマチックトランスミッションというのは自動変速機のことで、自動変速機限定の免許があるほど一般的に広く普及している変速機です。自動車のエンジンや速度の回転数に応じ、変速比を自動的に切り替える変速機になります。自動変速機の1番のメリットは、シフトチェンジを自動的に行ってくれるということです。自分でシフトチェンジを行う必要がありませんのでとても楽です。自動変速機は年々進化していますので、自動変速機を採用している自動車はとても多く、国内の車の約9割が自動変速機であると言われています。

マニュアルトランスミッションというのはシフトとクラッチを操作することによって、運転者自身がギアを選択して車の運転を行うことが出来る構造になります。一般的には、4段〜6段階の前進用のギアと1段階の行進用ギアで構成されていますが、車によっては7段階の前進用ギアが付いていることもありますし、副変速機を用いて2倍にする人もいます。

マニュアルトランスミッションはスポーツカーやトラックなど、エンジンの性能を効率よく発揮しなければならない車に採用されていることが多いですが、現在はほとんどの車がオートマチックトランスミッションを採用していますので、マニュアルトランスミッションを採用する車は少なくなってきています。

自動車の構造


アプルウェイ
アプルウェイなら医療関係者向けの製品情報サイトで!