操舵装置

操舵装置とは、一般的にハンドルのことを指します。タイヤの向きを変えるために使うものです。自動車や船などの進路を変えるための装置として幅広く使用されています。他には、ハンドルでクラクションを鳴らしたり、ワイパーを動かしたりすることもできます。

一般的に右カーブでハンドルを右に切ると右タイヤの方が操舵角度が大きくなる傾向があると言われています。なぜならば、カーブ中の左右のタイヤの軌跡が違うためです。

スムーズな旋回を行えるように設計された結果、右タイヤの方が操舵角度が大きくなるようになっています。タイヤをスチールホイール、アルミホイール、あるいはマグネシウムホイールにはめ込み、車輪が地面に接触したときに回転して前進・後退の力を伝達すると共に、ステアリングなどの機能もあります。

ステアリングを構成するメカニズムは以下の部分から構成されています。

・ステアリング・ホイール
ハンドルを操作するために必要な車輪状のマンマシンインタフェース。これを回転させることによって操舵装置にドライバーの操作を伝え、車輪の向きを変えることができます。

・ステアリングコラム
自動車の操舵装置の部品の1つ。内側でステアリングシャフトを内包します。

・ステアリング・ギヤボックス
ステアリングの回転をラックアンドピニオンやボールナット機構などによって左右横方向に動きに変えるための装置です。

・ステアリング・リンク機構
操舵力の方向を変えると共に、トルクを増大してステアリング・リンク機構に伝えるものです。

自動車の構造


水素水生成器
こちら