制動・拘束装置

ブレーキのことです。ブレーキを掛ける際にペダルを足で操作することからフットブレーキとも言われています。油や空気の圧力を使って摩擦を起こし、その摩擦を回転部分に押し付けて自動車の速度を下げます。一般車のほとんどがこれを使用しているブレーキです。

下り坂なのでブレーキをかけ続けると以下のような現象が起きることがあります。

・フェードブレーキ
摩擦をする度に温度が上がり、摩擦係数が小さくなってしまいブレーキがかかりにくくなります。

・ヴェイパーロック
ブレーキがかかりにくくなります。フェードブレーキとは違う現象です。

ちなみにブレーキ自体の意味としては、運動、移動する物体の減速もしくは停止を行う装置のことを指します。転車、自動車、オートバイ、鉄道車両、航空機などの乗り物には概ね付いています。

自動車のブレーキは、ブレーキペダルを足で操作するためフットブレーキとも呼ばれます。自動車には駐車時に車両を保持するための駐車ブレーキがありますが、これは走行時に使用されるブレーキとは構造などが全て違います。

以前は手を使って操作するため、ハンドブレーキなどと言われていました。しかし、足で踏むタイプやスイッチ操作などで自動的にロックするタイプが開発されたため、全てを総称してパーキングブレーキと呼ぶようになりました。

スポーツカーや高級車はディスクブレーキ、大型車はドラムブレーキ、軽自動車などでは前輪にディスクブレーキ、後輪にドラムブレーキを使用していることが多いです。

ドラムブレーキより、ディスクブレーキの方が制動力が高いと思っている方が多いですが、実際はドラムブレーキの方が制動力は高いです。直接的な機構ではないのですが、エンジンブレーキやディーゼル自動車の排気ブレーキ、ハイブリッドカーの回生ブレーキもブレーキの一種になります。

自動車の構造


【骨盤矯正ベルト・腰痛ベルト】コシラック
http://store.shopping.yahoo.co.jp/koshiluck/koshiluck-belt.html