交通問題

自動車にはさまざまな問題があります。まずは交通問題から考えていきたいと思います。

自動車が登場し始めた当初は、歩行者と自動車の交通空間が明確にされておらず、歩行者が歩行する中を自動車が走行するという形が普通でした。自動車が走る道は、市街地のような歩行する人が多い所ではどうしても交通が干渉してしまうことになります。

はじめのうちはこれでも特に問題ありませんでしたが、自動車の交通量が増えるに連れて干渉はもちろん問題になりました。その結果、歩道と車道で区別されるようになったのです。

また、自動車には平坦な道が必要になるため、路面はアスファルトで舗装されるようになりました。その他にも高速道路を作ったり、自動車は快適に道路を走行することができるようになったのです。

しかし、自動車が歩行者のすぐ傍を通るのは現在も同じで、時には自動車が歩行者に干渉することもあることから交通事故が今でも大きな問題として残っています。

歩行者が死亡する事故比率も他の国に比べて日本はかなり多くなっています。他にも渋滞や違法駐車などの交通問題があります。では以下に交通問題をまとめて紹介します。

・渋滞
工事や事故、信号機や交差点、踏切、天候など。

・違法駐車
最近では駐車場以外での駐車は罰金の対象。

・歩行者との接触
道路と歩行者用の道の境界線が曖昧なのが原因。

・信号
昔は信号がなく交差点の行き来が問題でした。今は信号によって緩和されましたが、信号無視による事故が多発しています。

・道路の面
雨や雪など道路が滑りやすくなっている時に起きやすいです。

社会に及ぼす影響


アセタノール
アセタノールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

変圧器・トランス
変圧器・トランス製造の中村電機製作所は、おかげ様で45周年!変圧器のことなら何でも気軽にご相談ください!

ティアモ
ティアモを購入するなら当サイトで!