環境問題

自動車が地球の環境に及ぼす影響には、排気ガスの問題や道路建設などの問題があります。自動車が走行するために使用する燃料が環境汚染を引き起こしている一因になっています。自動車における環境汚染を以下に紹介します。

・二酸化炭素
燃料となる化石燃料は、燃焼させることで二酸化炭素が発生します。石炭や質の悪い燃料の場合、二酸化炭素の他にも窒素酸化物や硫黄酸化物などが黒煙と共に発生してしまいます。その結果として地球温暖化の原因になり、大気汚染や酸性雨などの悪影響を及ぼすことになるのです。

・一酸化炭素
化石燃料やバイオマスの不完全燃焼などによって排出されます。一酸化炭素の濃度が上昇すると、水酸基の濃度が低下してオゾンやメタンの濃度を高めてしまう原因になります。

・窒素酸化物
窒素酸化物は光化学スモッグや酸性雨の原因になります。自動車の排気ガスなどの窒素酸化物のほとんどが一酸化窒素であり、ディーゼル車は特に排出が多いと言われています。

・硫黄酸化物
燃料の中にある硫黄が燃焼して酸化することによって発生します。水に溶けると酸性雨になって環境だけでなく人体に影響を及ぼします。

・フロンガス 自動車のエアコンなどを使用することで発生します。フロンガスは地球に降り注ぐ紫外線を防いでいるオゾンを破壊するだけでなく、二酸化炭素以上に熱を溜め込む性質もあります。

近年では電池燃料や二酸化炭素があまり排出されない自動車も発売されるようになってきましたが、それ以外の問題はまだまだ山積み状態であり、今後の課題になるでしょう。

社会に及ぼす影響


酒田市の不動産
はこちら