普通免許

普通免許には種類が2つあり、マニュアル車・オートマチック車・小型特殊自動車・原付自動車が乗れる普通免許と、オートマチック車と小型特殊自動車、原付自動車が乗れるAT限定普通免許です。

どちらも「18歳以上であること」「視力が両目で0.7以上で片目で0.3以上あること(眼鏡・コンタクト使用可)」「赤・青・黄色の識別ができる」「普通の読み書きができその内容が理解できるか」「運転に支障がない身体状態であること」などの条件をクリアすることで取得できます。

また、法定で定められた病気や中毒にかかっていたり、交通違反や事故などの行政処分を受けて欠格期間が終了していない人(行政処分を受けた場合でも、欠格期間が終了していれば取得可能)は免許を取得できません。

自動車教習所などで受講する前に資格があるか確認します。視力や聴力の検査や運転に関する状況判断や行動の正確さなどを自覚していただく検査も行われます。

大丈夫な場合、教習所のコースを利用して路上運転の教習が始まります。学科ではドライバーとしての心構えや交通安全の基本知識を学びます。全て受講が終わると技能修了検定(修検)・仮免学科試験を受けます。これに合格すると仮運転免許が発行され、路上での運転が認められます。

路上では、一般道や高速道路での教習や危険予測などの実際の運転に即した教習が行われます。全て受講が終わると総合的な技能卒業検定を受けて合格すると免許が発行されます。

自動車の免許


アラバ
アラバなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

学会ポスター
学会ポスターならディプリーズ楽天市場店で!