大型二種免許

バスやトラックの運転には大型免許が必要ですが、さらに旅客運送の営業運転をする場合は大型二種免許が必要になってきます。そのため、大型二種免許があればどちらの運転も可能になります。

大型二種免許を持っていると大型自動車、型自動車、普通自動車、小型特殊自動車、原動機付自転車のほか、旅客車両の営業運転をすることができます。 条件は以下のようになっています。

・満21歳以上。
・両目で0.8以上あり片目で0.5以上あること。(眼鏡、コンタクトレンズを使用可)
・片目で0.3に満たない場合は、視野が左右150°以上であること。
・奥行知覚検査器による深視力検査での平均誤差が2cm以下であること。
・赤・青・黄色の識別ができること。
・10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聴こえること。(補聴器可)
・普通の読み書きができ理解できること。
・自動車の運転に支障がない身体状態であること。
・中型、普通免許または大型特殊免許を現に受けている者に該当し、これらの免許のいずれかを受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く)が通算して3年以上の者

また、法定で定められた病気や中毒にかかっていたり、交通違反や事故などの行政処分を受けて欠格期間が終了していない人(行政処分を受けた場合でも、欠格期間が終了していれば取得可能)は免許を取得することができません。

バスなどは、小さな子供からお年寄りまでが利用する公共性の高い乗り物です。他の交通への気配りはもちろん、交通弱者(高齢者・子供・身体障害者等)の旅客に対する正しい知識を有する必要があります。そのため、より安全を意識した運転技術を学ぶことが必要になります。

自動車の二種免許