大型特殊免許

大型特殊免許を取得するとロードローラやロータリー除雪車などの他に、小型特殊自動車、原動機付自転車を運転するとこができます。 取得条件は以下のようになります。

・満18歳以上。
・両目で0.7以上あり片目で0.3以上あり視野が左右150度以上あること。(眼鏡、コンタクトレンズを使用可)
・赤・青・黄色の識別ができること。
・10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聴こえること。(補聴器可)
・普通の読み書きができ理解できること。
・自動車の運転に支障がない身体状態であること。

また、法定で定められた病気や中毒にかかっていたり、交通違反や事故などの行政処分を受けて欠格期間が終了していない人(行政処分を受けた場合でも、欠格期間が終了していれば取得可能)は免許を取得できません。

条件をクリアしているのであれば受講できるかを確認します。確認方法は運転に関する状況判断や行動の正確さ、他には視力や聴力の検査も行います。問題なければバイクの動かし方と基本操作を主に習います。

二輪免許の教習では路上での教習がありません。学科ではライダーとしての心構えや安全運転の知識および専門知識、応急救護について学びます。教習が終われば交通法規に従った走行および応用走行について教習します。上記のことを学ぶと総合的な技能の検定を受け、合格すると免許が交付されます。

大型特殊免許を取得すればロードローラやロータリー除雪車などの車を運転することが出来るようになりますが、実際にそれらの大型特殊自動車を使用して作業するためには資格が必要になります。大型特殊免許は、大型特殊自動車を公道で走らせることが出来るだけだということを忘れないようにしましょう。

その他の免許


エアコンクリーニング 大垣
エアコンクリーニングを大垣でならまごころ便利屋スマイルで!

インタール
インタールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!