けん引免許

けん引免許(牽引免許)は、車両重量750kgを超える貨物トレーラーやキャンピングトレーラー、台車に乗せた荷物等を乗用車に連結して移動させる際に必要になる免許です。

そのため、けん引免許があると貸物トレーラー、台車に載せた小型船舶などの運転が出来るようになります。その他には、車両重量750kgを超えるトレーラーバスなどを営業のために運転する場合に必要となるけん引二種免許があります。

キャンピングカー程度の小型トレーラーなど車両重量750kg超〜2000kg以下のトレーラーに限定してけん引できる限定条件のあるけん引免許などもあります。

従来は、大きな貨物トレーラーをけん引することを前提に試験が行われていましたが、そこまで大きな貨物をけん引する必要はない方が多くを占めていました。そういった要望に応えるために限定条件のあるけん引免許などが誕生しました。

取得条件は以下のようになっています。

・満18歳以上。
・両目で0.8以上あり片目で0.5以上あり視野が左右150度以上あること。(眼鏡、コンタクトレンズを使用可)
・深視力検査での誤差が2cm以下であること。
・赤・青・黄色の識別ができること。
・10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聴こえること。(補聴器可)
・普通の読み書きができ理解できること。
・自動車の運転に支障がない身体状態であること。
・普通自動車、大型自動車、大型特殊車のいずれかの免許を保有していること。

また、法定で定められた病気や中毒にかかっていたり、交通違反や事故などの行政処分を受けて欠格期間が終了していない人(行政処分を受けた場合でも、欠格期間が終了していれば取得可能)は免許を取得できません。

受講内容は、教習所のコースを利用して行います。路面へ出ての練習はありません。基本的に内容は普通免許と同等のものになります。

その他の免許


エダラボン
エダラボンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!